作業効率アップ!営業電話は外注で

電話営業自体の反響率は高くない

企業間取引を行う会社において、電話営業は新規開拓に重要なツールではあります。しかし非常に多数の電話の中に商談に進むチャンスが点在しており、営業の効率自体はそれほど良いものではありません。
営業担当者には既存顧客に対するフォローなどがあり、新規の開拓にそれほど時間をかけられるものではありませんので、自前のスタッフで電話営業を行うよりも、最初の話をする段階での営業活動は外注するほうが、社員の時間を効率的に利用することができます。また商談に進む以前の段階では商品の知識よりも話し方の印象などの方が重要になります。外注スタッフは電話営業のプロですから、相手先に利用してみたい気持ちをより抱かせることができるでしょう。

一人で商売を行う際には別の利用方法も

電話代行サービスでは、顧客からの連絡に対応し、話を繋ぐサービスも行われています。企業間取引において、固定電話を連絡先にできることは相手方に信頼感を与えることになります。実際には固定電話の連絡先が無いような会社とは取引をするのがためらわれるという意見もあるほどです。
しかし、スタッフが一人だけの場合は、商談を行う際には事務所を空けることになります。留守番電話もありますが、可能であればリアルタイムで問い合わせに対応したいものです。そのことがきっかけで新たな取引に繋がることもあるでしょう。電話代行サービスでは、そんな需要から個人事業主の方も多く利用しています。代行業者を選ぶ際には、値段ばかりを重視するのではなく、なるべく細かな指示を出すことが可能なところを選びましょう。